発達障害がうつ病から回復するまで【休職編】

こんにちは、もち山です。

2021年6月末頃に、クリニックの検査で軽度〜中度うつ病と診断され、今は絶賛お休み中の日々を送っています。

休職をするまでは、会社に週5勤務して、副業を土日にするという生活を約2年ほど続けていました。

プロジェクトマネジメントをしていたのですが、仕事の内容も自分で望んだもので、副業も憧れだったチームで活動できて、いろんな刺激があって楽しいと思う一方で、今振り返ってみると、「辛いかも」と感じてからうつ病と診断されるまでの約半年間、月に1回大泣きをして家族に慰めてもらってなんとか過ごしてきました。

うつ病とはどういうものなのか、どんな症状を経てなっていくのかなどは、他のブログで沢山書かれていると思いますので、今回は、私が、退職、休暇を取得するまでに行なったことを一通りご紹介したいと思います。

チームの人と連絡を取り合う

私が務めていた会社は、IT関連の零細企業で、コロナウィルス感染拡大と共に、リモートワークへシフトしていきました。
「社長との距離も近い、人の顔の見える会社」という印象があったのですが、リモートワークが長期化するにつれて段々とブラック化していきました。

具体的には、以下のような事象が増えてきました。
– 仕事がどんどん増やされる
– 全員の仕事の負荷が大きいので、助けてもらえなくなる
– ミッションを達成するために休日、時間外労働が増える
– 体調を壊す人がでてくる
– 営業や経理の仕事などをみんなで行うようになる
– 皆忙しい割に社長が平日にゴルフ行きまくっている

誰も助けてくれないほど、全員が忙しくなっていっているなというのは要所要所で感じていました。
なので、他の人はどのような動きをしているのか、上司にどういう変化を求めたのかを雑談ベースで話を聞く機会を自主的に設けて、情報収拾をすることにしました。

アクションとしては、
– Slackやチャットワーク、メールなど、社内連絡ツールでチームの一部の人に相談をもちかける。
– 「自分が今こういう状態で困っている、上司にはどんな言い回しがいいと思いますか」という、具体的な方法を聞き出すような質問をする。
– できるだけ、一人ずつ聞いたほうが、本音が引き出しやすいので、1対1で話す時間を作ってもらう。

結果、私の場合は、以下のような問題や解決方法がでてきました。
– チーム全員が同じような悩みを抱えていた。
– 社長に相談したら、少し仕事を減らしてもらえた。
– 契約書を結んでもらえていないなど違法性が高い事案がいくつか出てきた。

他にもいくつかありますが、会社に関わる内容なので、伏せておきます。

「自分だけじゃない」「もう何年も会社を私物化することが変わらない」ということが分かって、私は潔くこの会社を辞めようと決心がつきました。

日頃から相談しやすいようにチームメイトには、旅行に行ったら手土産をお渡ししたり、何かあった時に助け合っておくといいと思います。

公的サービスや相談できる場所を頼る

チームメイトにも相談できないような環境の場合や、そんな余裕がない位に疲れてしまっている時は、厚生労働省の「こころの耳」に連絡してみることをお勧めします。
厚生労働省「こころの耳」

基本は、行政などの公的サービスの方が信頼ができますが、何も引っかからなかった、本当に辛過ぎて死のうか考えているなどの場合は、0円ハウスなどで有名な坂口恭平さんという方が「いのっちの電話」をお勧めします。

坂口恭平さんTwitter

家族にうつ病である状況を説明する

自分のことを、自分の次に大事にしてくれるのが家族という存在だと思います。
中々言い辛いことではあるかもしれませんが、日々の料理、洗濯、掃除など空間を分かち合っている相手には、自分が緊急事態であることは速やかに伝えることが重要です。

私の場合は、病院で診断された時にもらった紙を持って、家族に説明しました。
まだ何ヶ月かかって治るのかも見通しが立っていないこと
自分が頑張りたいと思っても、思うように身体が動かないこと
まず、元気になってまた仕事をしたいこと

その為に暫くの間、分担していた家事を、お任せしたいこと
を伝えたら、快く引き受けてくれました。

労働環境の見直しを上司に訴える

辞める2ヶ月前には、上司に労働環境の見直しを提案することをおすすめします。
理由は、後々労働基準局が介入してくれる場合があるからです。
まずは口頭で、それでも改善されない場合は必ず書面で。
その際には、書面はコピーをとっておくこと、郵便局で書き留めなどを利用して、必ず記録が残るような仕組みで送付すること。

うつ病に詳しい病院・カウンセリングを定期的に受診する

親が過去にうつ病の薬で辛い思いをしているのを見たので、認知行動療法やカウンセリングでの治療を希望していました。
診断されてから、2週間に1回のペースで今でも通っています。
はじめは、辛いという状況を家族以外に話すことができる、日々身体がついてこないということを理解してもらうだけで気持ちが楽になりました。
その後、辞める前まで泥沼化していた時期があったので、辞めるまでの間、頑張ってきたことを尊重してもらえる声かけや、考え方の提案などをしていただき、精神的なサポートをかなりしていただいたように思います。

「カウンセリングで正直何にもならなかった」というネット上のコメントなどもちらほらみかけるのですが、
臨床心理士さんへの会話のポイントは、漠然と自分の思っていることを話すよりも、具体的に
「〜という状況になってしまって、自分は〜したいと思う/ 〜ということは避けたいと思う、どうすればいいと思いますか?」
という聞き方であったり、
「自分のような事案の場合は、どういう本や資料を参考にしたらいいですか?」
というようなアドバイスを求める聞き方をすると、直ぐに解決案を出してくれる場合もあれば、次のカウンセリングまでに資料を探し出してきてくれたり、かなり丁寧に対応してくれる印象です。

聞き方って大事ですね。

弁護士無料相談を利用する

残業代や休暇取得にも問題があったので、無料で相談できると聞き、法テラスの利用を検討しました。
所得に応じて金額が決まっているようで、無料で相談できる場合もあれば、有料になる場合もあります。
日本司法支援センター法テラス

相談内容的に、労働基準局を紹介されたので、労働基準局に連絡を取ることになりました。

労働基準局に相談する

労働基準局は、会社の最寄りの労働基準局を探すようにしてください。
電話対応が、お役所仕事なので、かなりぶっきらぼうな対応をされることがありますが、めげずに相談してみてください。

相談のポイントは、2点です。

1. 自分はどういう問題を抱えているのかを伝える
2. その事案に対して、どういう対処の仕方があるのかを聞く

私の場合は、契約書などが何度催促しても交わしてもらえないこと、時間外労働で賃金が払われていない問題であったり、仕事の内容に不満があるなどでした。
労働環境の見直しを上司に訴えるの項目をその後行い、対応がなかった場合は、労働基準監督署の指導が入るという話でした。

さいごに

辞めると決心してから、上記の対応をとって、休職・退職までの手続きを行うことができました。
メンタル的に強かったら、カウンセリングなどは必要ないかもしれませんが、うつ病になった状態で会社とやりあうのはかなり辛いものがありました。
通院・カウンセリングをしながら、家族に支えてもらいながら、それでもいっぱいいっぱいな最後でした。
次回は、生活編をご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました